プリントクリエイター

機能一覧

PDF出力機能

PDF出力機能

あらかじめ印刷したい帳票レイアウトのイメージをPDFファイルで作成し、プリントクリエイターに取り込むことで、kintone アプリ内に登録されたデータを指定の場所に配置し、ワンクリックで自動的に利用したい帳票レイアウトのPDFファイルを作成します。 PDFファイルは、表示されているイメージのまま印刷することも可能ですし、ファイルとして保存することもできます。

複数レイアウト機能

複数レイアウト機能

一つの kintone アプリに複数の帳票レイアウトを保存することができます。
そのため、見積書と発注書、請求書などを、一つの kintone アプリで帳票を出し分けることができるため、アプリを不要に分散することなく、情報を一元化して管理することができます。
登録できる帳票レイアウト数の制限はありません。

様々なサイズに対応可能

様々なサイズに対応可能

様々なサイズの帳票や印刷物に対応可能です。A3〜A6、B3〜B6、ハガキサイズにも対応しておりますので、お客様に提出する見積り書、請求書だけではなく、社内資料やDM、年賀状などに利用することも可能です。

出力ログ管理機能

出力ログ管理機能

PDFファイルを出力したログ情報を最大6ヶ月間保管しています。
どのレコード番号のデータを、どの帳票レイアウトで、どの担当者が、いつ出力していたのかをチェックすることができます。

帳票イメージ調整機能

帳票イメージ調整機能

印刷したい帳票レイアウト上に kintone に登録されているデータを配置し、調整することができます。
出力する文字のサイズやフォントタイプ、フォントの色、アンダーラインの有無を設定することができます。
また、登録された情報の前後に「様」など補足する文字を出力時に自動追加することもできます。

画像ファイル取り込み機能

画像ファイル取り込み機能

kintone アプリ内に添付ファイルを利用した場合、登録したファイルの形式が jpeg , png , gif の場合、画像ファイルとして、帳票内に出力することができます。
月次報告書や日報、週報にもご利用することができるようになります。
画像ファイルは表示イメージのまま、指定の場所に表示されるように自動的に縮尺調整をするので、安心してご利用できます。

バーコード自動作成機能

バーコード自動作成機能

指定した文字列情報が保存されたバーコードを自動的に作成し、帳票内に出力することができます。倉庫内の検品作業などに、kintoneを利用することができます。

QRコード自動作成機能

QRコード自動作成機能

PDFファイルを出力したページのURL情報が保存されたQRコードを自動に作成し、帳票内に出力することができます。
セミナーの出欠管理やイベント時の商品引換の管理などとして、kintone を利用することができます。

シールラベル形式出力機能

シールラベル形式出力機能

自由に調整したラベルのレイアウトで出力できます。顧客アプリと連携することで、請求書の封筒やDMに貼る宛名シールの印刷ができます。また、イベント出席者管理アプリと連携することで、名刺サイズのネームパネルとして出力することができます。

一括出力機能

一括出力機能

kintoneアプリに登録されている複数のレコードを一括して帳票出力することができるPDFファイルの作成をします。最大500枚まで一度に出力することができるので、月次の請求書発行業務をスムーズに行なうことができます。複数枚帳票をご利用の場合は、その帳票枚数とレコード数をかけ合わせた枚数が500以下である必要があります。また、月間での一括出力の制限は10000枚になります。(個別出力には出力枚数の制限はありません) 一括出力はメールでダウンロードリンクを案内致しますが、このリンクにIPアドレスの制限を掛けることが可能です。

テーブル機能

テーブル機能

テーブルで作成したフィールドを利用した帳票印刷をすることができます。
テーブルでの表示件数を設定することができます。

アプリ連携機能

アプリ連携機能

複数のkintoneアプリからデータを引用し、帳票に活用することができます。
営業週報として、日報アプリから1週間分だけを出力して印刷することや、電子印鑑の印影を出力することなどができるようになります。

安心運用サポート

複数枚帳票出力機能

複数枚帳票は、1枚ものの帳票を組み合わせることにより、複数枚の帳票を出力する機能です。
作成いただいた一枚ものの帳票もこちらの機能で組み合わせて出力することが可能です。

安心運用サポート

安心運用サポート

kintoneとの連携に関連するエラーなど、運用することで発生する誤作動を監視し、速やかな状況報告と改善策の提案を行ないます。
その他、利用方法についてのサポートもメールだけでなく、電話でのサポートも行なっております。

無料お試しの申込み有償申込み