プリントクリエイター

アプリ連携の設定方法

※こちらの設定方法はサポート対象外となります。予めご了承ください。

アプリ連携とは、kintoneの関連レコード一覧のように、アプリケーション間で指定した条件にあてはまるレコードを帳票に出力する機能です。まずはkintoneで連携するアプリを作成して下さい。

アプリ連携の順番は、以下の通りです。

  • アプリ連携で設定(1〜4)
  • 帳票レイアウトの編集から表示箇所を設定(5〜7)

それでは「アプリ連携」のボタンを押して下さい。

  1. 「アプリ連携の登録」ボタンを押して下さい。
  2. アプリ連携名を登録し、連携元のアプリをプルダウンで選択して下さい。
  3. 次に連携先のURLを設定し、レコードの取得条件でアプリ連携をする連携元フィールドと連携先フィールドを設定して下さい。
  4. レコードの並び順で並び順フィールドで表示する項目をプルダウンで選択し、「保存する」のボタンを押して下さい。
  5. 次に帳票レイアウトの編集の画面で「アプリ連携」から表示したいフィールドタイプを選択します。 今回はアプリ連携をさせて、案件管理から見積の期限を見積書に表示させます。位置をマッピングして下さい。
  6. 「アプリ連携」から該当するアプリ連携を選択し、「保存する」を押して下さい。
  7. 「プレビュー」を表示すると見積有効期限にデータが反映されています。