各項目の仕様

共通以下の項目を変更することができます
  • フォント
  • フォントサイズ
  • アンダーライン
  • 横位置
  • 行間
文字
数値桁区切りを表示することができます
日時利用可能な日表記タイプ
  • 令和Y年M月D日
  • 令和Y年M月
  • 令和Y年
  • YYYY-MM-DD
  • YYYY-MM
  • YYYY-M-D
  • YYYY-M
  • YYYY
  • YYYY年M月D日
  • YYYY年M月
  • YYYY年
利用可能な時間表記タイプ
  • h時mm分 AM
  • h時mm分ss秒
  • h時mm分
  • h時
  • AM h時mm分ss秒
  • AM h時mm分
  • AM h時
  • hh:mm:ss
画像アスペクト比は変えず、表示範囲内に表示します。
対応フォーマット: jpg(CMYKを除く), png, gif
バーコードJANコード(Japanese Article Number),CODE39,CODE128,NW-7に対応
全ての種類にて、コード文字を非表示にすることが可能です。
  • JANコード短縮(JAN8)
    数字(0~9)のみ対応
    7桁の場合、自動的にチェックディジットが含まれて8桁になって出力されます。
    8桁の場合は、チェックディジットのチェックを行います。
  • JANコード標準(JAN13)
    数字(0~9)のみ対応
    12桁の場合、自動的にチェックディジットが含まれて8桁になって出力されます。
    13桁の場合は、チェックディジットのチェックを行います。
  • CODE39
    数字、大文字のアルファベット、記号(-、.、スペース、$、/、+、%)のみ対応
    「チェックディジットを自動で計算」にチェックを入れるとチェックディジットが計算され、末尾に付与されます。
    バーコードの数値前後には、「*(アスタリスク)」が付きます。※1
  • CODE128 数字、アルファベット大文字/小文字、記号、制御コードに対応
    kintoneのデータから判断してチェックディジットが必要な場合、バーコード部分に自動的に付与されます。 チェックディジットはコード文字部分には表示されません。
  • NW-7 数字(0~9)、記号(-、$、:、/、.、+)に対応
    A、B、C、D(a、b、c、d)のいずれかのスタート・ストップキャラクタを使用する
    チェックディジットには非対応となります。
QRコードアスペクト比は変えず、表示範囲内に表示します。
以下のフィールド内容をQRコードにして出力することができます。
  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • 数値
  • 計算
  • ラジオボタン
  • ドロップダウン
  • 日付
  • 時刻
  • 日時
  • リンク
  • レコードページ(詳細情報のページ)

※1 2020年7月20日のバージョンアップで変更となりました。